短期の借り入れなら事業者ローンに多くのメリットがある | 事業資金 借り入れ 事業者ローン


事業資金の借り入れには
事業者ローンがおすすめ!
様々なメリットがある事業者ローンの
活用のポイントを紹介します!

短期の借り入れなら事業者ローンに多くのメリットがある

事業者ローンは、銀行や公的融資などに比べると金利面ではやはり不利であるため、選択肢として考えていない経営者の方もいらっしゃるかもしれません。

資金繰りが計画的で、誤差がないような周到な事務ができているなら、事業者ローンは出番が無いかもしれません。しかし、急激な経営環境の変化で、突然の資金がひつようになったり、少しだけ資金が足りなくなるような場面もありえます。

銀行融資では、融資の使途ははっきりしている必要がありますし、審査の際には報告の必要があります。また、融資の際にこれらの使途を超える金額を、予備として多めに借りる、という資金調達は銀行では出来ない仕組みです。

そのため、どうしても少額の資金を調達したいという場面が出てくる事もあるでしょう。そのような場合の追加融資というのは銀行では柔軟な対応をしてくれることは稀です。

また少額の融資の場合、銀行の融資には書類の提出などの事務手続きは負担が大きく、費用対効果は乏しいかもしれません。そのような場合には別に良い選択肢があります。

少額の融資を受ける場合には、民間の事業者ローンが最適といえるかもしれません。その理由は、多少の金利の差は、少額の融資であれば影響は小さく、その審査手続きが比較的簡便であるため、素早く柔軟に利用できます。このような少額の審査にわざわざ大きな手間と時間をかけるのは得策とは言えないのでは無いでしょうか?

そのため、柔軟な活用が可能な事業者ローンは、このような少額の融資にはメリットが大きいのです。