もし銀行や公的融資で事業資金が借り入れできない場合 | 事業資金 借り入れ 事業者ローン


事業資金の借り入れには
事業者ローンがおすすめ!
様々なメリットがある事業者ローンの
活用のポイントを紹介します!

もし銀行や公的融資で事業資金が借り入れできない場合

企業は融資を受けるのなら、出来るだけ金利は低い方を望むのは当然のことで、そうなれば最初に候補に上がってくるのは銀行融資や公的融資となるでしょう。

これらの融資は、融資の限度額も大きく金利が安く設定されるのは嬉しい事なのですが、その分審査はなかなか厳しい物があります。事業融資の審査では、審査の際に企業の返済能力を図ることを中心とした判断をするため、様々な種類を提出しなければいけません。

これらの書類の作成は時間がかかる場合もあり、揃えるには一定の負担がありますが、その書類を揃えたからといって審査を必ず通るわけでもなく、拒否される場合もあります。

そのように銀行や公的融資が受けられない場合、どうしたらよいでしょうか?その場合の選択肢はしっかりあるので大丈夫です。

事業資金の借り入れには事業者ローンというサービスが有り、これは銀行系のものと民間系のものがあり、審査の難易度も変わってきます。

銀行系の事業者ローンは、やはり銀行系であるため、審査が厳しいので、銀行や公的融資の審査が通らなかった場合には、民間系のビジネスローンがより融資を受けられる可能性があるでしょう。

民間系のビジネスローンは、消費者金融などが行っているサービスであるため、審査は銀行系のものに比べるとかなり負担が軽い場合が普通です。審査から融資実行まであまり待たされないというのも事業資金調達の面で有利となるため、多少金利は高くなるものの、柔軟な融資が使い勝手がよく、とても活用しやすいサービスで、今中小企業の利用者を増やしています。