事業者ローンの借り入れする時に注意する点 | 事業資金 借り入れ 事業者ローン


事業資金の借り入れには
事業者ローンがおすすめ!
様々なメリットがある事業者ローンの
活用のポイントを紹介します!

事業者ローンの借り入れする時に注意する点

事業者ローンを活用する際に注意しておくべきポイントはどのようなところでしょうか?

まず事業者ローンは銀行系のものと、消費者金融・信販会社系を合わせた民間系のものがあります。

銀行系を活用する際には、審査の手続きの負担が大きいことや、融資までにかかる時間が長いということです。

民間系のビジネスローンは手続き自体は銀行に比べると比較的簡単になっていますが、それは比較において簡単という意味であって、手続きにはあるていどしっかりと準備する事は必要です。

また、利用する際に金利の設定はしっかりと確認しておく必要があります。民間系と銀行系では利率に違いがあるのです。

そして事業者ローンはそのサービスの内容では、各社で違いが大きいため、何社かを比較して、相対的に評価をしておいたほうが、その標準がつかめます。安易に決めずに、金利・融資限度額・手続きの負担・返済方法など、よく確認しておいたほうが、後で後悔する事も無くなります。

また借り入れの総額をあまり大きく設定すると、金利の高さが影響してきます。返済期間もあまり長くしない事も意識しましょう。

それに、つなぎ融資や、急な融資など、ビジネスローンは場面によって大きなメリットがありますが、どの場面でも安易に利用すると金利が負担になってしまう場合も有り得ます。時間的な余裕があり、業績も順調で営業成績も良好、しっかりとした資金計画があるのならば、銀行なども利用できるときは利用したほうがよいでしょう。

事業者ローンは事業の状況に合わせて賢く利用したいものです。