銀行から事業資金の借り入れをする際にチェックされる点 | 事業資金 借り入れ 事業者ローン


事業資金の借り入れには
事業者ローンがおすすめ!
様々なメリットがある事業者ローンの
活用のポイントを紹介します!

銀行から事業資金の借り入れをする際にチェックされる点

銀行の融資は、審査が厳しいと言われていますので、融資を受けるとなれば、審査ではどのような点が重視されるのかということを知るのは、とても重要な事と言えます。銀行が事業資金の融資を申請された時審査においてチェックするポイントを見て行きましょう。

事業資金の審査で、融資の担当者は決算書などを中心とした提出書類を精査して、総合的に判断します。様々な審査項目の中でも最も重視されるのが、その企業の返済能力と、担保・信用能力となります。

重視されるポイントは、決算書数年分を総合的に判断するのですが、それら決算書の数値から財務分析の手法で算定され、色々な角度から見た数値により指標が出されます。

この数値を出すのは数年の決算書を比較する事で割り出されるため、新規事業の場合これらデータが不足する事から、判定が難しくなっているため、融資を許可されづらいという事情もあります。実績のある事業の場合には、決算書から判定される経営成績や財政状態が、どれだけ良好な状態にあるのかが重要となります。

また、担保・信用能力は不動産などの資産などが借入金の担保として十分であるのかという事と、連帯保証人がいるのかなどで、返済出来なかった時の保証があればより銀行側には安心なわけです。

つまり、銀行は融資した資金をしっかり返済されるのか、そしてもし返済されなかった場合の保証などがあるのかという点が銀行側の最大の関心事ということなので、提出書類からそれが大丈夫かどうかが判斷出来るかどうかが大事ということなのです。